病気にならない工夫

丁寧に歯を磨こう

中には、歯を磨いたつもりになっている人が見られます。
前の方だけ綺麗に磨いて、奥歯や歯の裏側には汚れが溜まっており、バイ菌が繁殖してしまいます。
結果的に虫歯や歯周病といった病気を発症するので、正しい歯の磨き方を知ってください。
良い歯医者は、歯の磨き方を教えてくれます。

力を入れないことや歯を一本ずつ磨くこと、さらに歯ブラシの持ち方を聞いても良いでしょう。
歯ブラシを縦に持つことで、細かいところまで磨きやすくなると思います。
さらに、自分に合った歯ブラシの選び方を教えてもらってください。
製品ごとに毛先が硬かったり柔らかかったり、ヘッドが大きかったりと特徴が変わります。
自分に合う歯ブラシを見極め、予防に使いましょう。

使った方が良いアイテム

歯ブラシと一緒に普段から使っているのが、歯磨き粉でしょう。
虫歯を予防するなら、フッ素が含まれている歯磨き粉を選択してください。
さらに糸ようじや歯間ブラシなど、虫歯を予防できるアイテムがあります。
ドラッグストアに行くとたくさんの種類があるので、どれを選べば良いのか悩むと思います。

そこで歯医者から、おすすめを聞いてください。
専門的な知識を持っている歯医者が良いと言っているアイテムなら、病気予防に大きな効果を発揮できます。
また糸ようじや歯間ブラシなどを初めて使う際は、使い方がわからず混乱するかもしれません。
そのため、おすすめを聞く時に使い方も教えてもらいましょう。
歯ブラシや歯磨き粉以外のアイテムも使い、病気を予防してください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ